最近は30代で結婚したり、結婚式を挙げるというのは、当たり前になってきました。
その背景として、女性の社会進出だったり、収入の格差が生まれていることが原因だとも言われています。
さらに、晩婚化は進んでいくとも言われていますが、年齢関係なく結婚式を挙げたいというのはこれからも変わらないことだと思います。
そこで、今回は30代の結婚式にクローズアップして、スピーチに取り入れたい言葉をご紹介します。

【感動ワード】
スピーチをするにあたって、新郎新婦、ゲストの皆さんや、ご両親などに思い出に残る結婚式にするためには、感動させるワードが必須です。

・おめでとう
結婚をする二人の幸せを心からお祝いするワードとして、シンプルな「おめでとう」という言葉はとても大切です。
スピーチの始めと終わりに入れたりするのがおすすめです。

・新郎新婦との思い出ワード
新郎新婦それぞれ、関わりのある少年・少女時代の大切なエピソードを盛り込みましょう。
その時代にいつもかけあっていた言葉や、助けられた言葉、印象に残っている言葉を入れて感動的なスピーチを作りましょう。

・ご両親に向けて
新郎新婦のご両親に向けての、感動ワードを取り入れましょう。
「今日この日まで愛情を注いでくれてありがとうございました」など、二人に代わって思いを伝えるのもおすすめです。

この他にも、結婚される二人にとってスピーチで伝える「言葉」というのはとても重要です。
それぞれの思い出に残ることや、キーワードとなった言葉を取り入れると、伝わりやすく、素敵なスピーチを考えることが可能です。

名古屋結婚式場 カトリック布池教会聖ヨゼフ館
愛知県名古屋市東区葵1丁目12−23
電話:052-935-7790

フェア予約・クチコミはこちら