以前のコラムで触れたとおり、全国的に見て名古屋の結婚式は豪華で盛大なもの。
ただ、その形も時代の流れとともに少しずつ変わってきています。

ここ数年で増えてきているのが「家族婚」です。
ここでいう家族婚とは、家族や親族といった身内のみを招いて行う30名以下の結婚式のこと。
親・兄弟のみを招待したり、親族まで、親友まで招待したりと招待客の範囲は様々で、式の内容も挙式のみだったり会食だけだったり、どちらも行ったりとそれぞれの都合に合わせて変えられます。

家族婚を希望される方の理由も様々ですが、

・家族だけで両家のつながりを深めたい
・家族とゆっくり話して感謝を伝えられる場を設けたい
・挙げないつもりだったけれど親にだけは晴れ姿を見せたくなった  etc

上記のような、家族との親睦を重視される方が多いようです。

◼︎式にかかる時間と費用
家族婚は大人数の参列者を呼ぶときほど準備期間がかかりません。
招待状は要らない場合が多く、
その他のペーパーアイテムや装飾の準備もほとんどないため準備の負担がかなり軽減されます。
一般的に結婚式の準備期間は半年〜1年と言われていますが、
家族婚の準備期間は平均して3ヶ月程度です。
また、準備や打ち合わせが少なくていい分費用もかなり抑えることができます。

◼︎式の内容
最もシンプルなのは挙式のみですが、家族婚をされた約9割の方が挙式後に会食も行っています。
式の流れとしては通常の結婚式とほとんど変わりません。
新郎新婦入場後、新郎のウェルカムスピーチから始まります。
その後、乾杯をして親族紹介を挟みながら
家族間の会話を楽しみつつ食事も楽しんでいただきます。
会食のメインイベントとしてケーキ入刀も出来、
全体で盛り上がる演出としてウエディングケーキは少し凝ったものが人気です。
そして最後は改めて新郎の言葉で締める、というのが大まかな流れとなります。

家族婚では新郎新婦も家族とともに料理を食べることができるのも魅力の一つです。
新郎新婦もご家族の方と同じテーブルに座れるよう席を設け、
ご家族との団欒を楽しんでいただきます。

会食の時間は平均して約2時間。
少ない人数で時間を持て余してしまうのではと不安になられる方もいますが、
「終わってみるとあっという間だった」「もっと楽しみたかった」と言われる方ばかりです。

ご近所付き合いも昔と比べて少なくなり、
家族や友人といった小さなグループ間の繋がりが大切にされるようになってきました。
家族婚はそんな現代において、
少ない負担で家族への感謝の思いを伝える場として注目されているのでしょう。

私達カトリック布池教会聖ヨゼフ館でも少人数からの式を承っております。
お二人の大切なゲストを誠心誠意おもてなしし、
お二人の感謝の気持ちを一人一人にお届けいたします。

名古屋結婚式場 カトリック布池教会聖ヨゼフ館
愛知県名古屋市東区葵1丁目12−23
電話:052−935−7790
フェア予約・クチコミはこちら