二次会はおもに友人だけを招待して楽しむ、披露宴よりもカジュアルな場です。

二次会を考えている新郎新婦の方は多いのですが、式準備で忙しい中、二次会の内容などを考えていくのはとても大変です。
何をどう準備すれば良いのか分からない方々も多いと思います。

今回は、そんな方々必見!
新郎新婦発信で実施する二次会の進め方についてご紹介します。

■二次会を企画する
二次会には新郎新婦発信で実施するものと、友人たちがすべて企画してくれるものがあります。
今回ご紹介するのは新郎新婦側から発信するものです。

それでは早速、二次会準備の流れを見ていきましょう。

1.会場を決める
二次会をすると決めてまず最初に行うのは会場を決めることです。
式本番の準備で忙しくなる前に押さえておくことをおすすめします
気になる会場が予約でいっぱいという事態を避けるため、3ヶ月前くらいに仮押さえしておくのが理想です。

2.幹事を決める
式本番2ヶ月をきると準備で多忙となり、二次会のことまで手が回らなくなってきてしまいます。
忙しくなる前に新郎側、新婦側からそれぞれ幹事を選出し、二次会の取りまとめをお願いしましょう。
二次会幹事経験者に頼めると頼もしいのですが、新郎新婦両方と円滑にコミュニケーションを取れる方であれば問題ありません。
準備をスムーズに行うために、新郎新婦と幹事の仕事の分担はしっかりとしておきます。

3.予算を決める
二次会は基本的に会費制です。
参加者からお金をもらって実施します。
全て会費でまかなえるようにするのか、いくらか手出しをするのか。
会場の料理や飲み物、二次会で行う演出などに関わってくるので早めに決めておきたい項目です。

4.二次会ゲストをリストアップする
二次会予算と合わせてゲストの人数を決めていきます。
幹事と相談しながら、リストアップしていきましょう。

5.二次会の内容を決める
ゲームをするのかしないのか、演出を入れるのか入れないのかといった内容を決めていきます。
しっかり決めるのはかなりの時間を要する場合があるので、大まかな流れを幹事と決め、細かな内容は幹事にお任せするのがおすすめです。

6.会費を決める
基本的に食事代と会場費を二次会ゲストの人数で割って決めます。
演出などで追加の費用がかかる場合は、予算と照らし合わせながらゲストの負担にならない範囲で慎重に決めていきましょう。

7.二次会招待状を出す
内容や費用が固まったらいよいよ招待状です。
ゲストの予定を考え、結婚式披露宴の招待状と一緒に送るのが良いでしょう。
参加者の最終チェックを行い、会場に人数や料理についての連絡を入れておきます。

いかがでしたか?
結婚式の準備と並行して行わなければならないのでスケジュールを組むのはとても大変ですが、友人たちと肩肘張らずに過ごせる二次会はとても盛り上がるものです。
幹事の方々としっかりと打ち合わせをしていきながら、楽しい二次会を企画していきましょう!

私たち聖ヨゼフ館は、二次会の会場も準備しております。
皆様が楽しめる会場をセッティングいたしますので、いつでもご気軽にご相談ください。

名古屋結婚式場 カトリック布池教会聖ヨゼフ館
愛知県名古屋市東区葵1丁目12−23
電話:052−935−7790
フェア予約・クチコミはこちら