結婚披露宴の大締めは新郎の謝辞挨拶!
結婚披露宴に出席してくれたゲストへ感謝の気持ちを伝えます。

最後の見せ場はビシッとかっこよく決めたいものです。

そこで今回は、新郎スピーチについて少しまとめてみました!
基本の構成を押さえ、自分らしい感謝が伝わるスピーチに仕上げていってみましょう!

■内容の組み立て
「何を伝えれば良いのか分からない」
「ありがとう以外の言葉が思い浮かばない」という貴方。
まずはスピーチの内容を大まかに分けて考えていきましょう。

スピーチも手紙と同じで構成の組み立てが大切です。
内容を大きく以下の三つに分類して考えていきます。

・挨拶
まずは初めの言葉。
参列してくれたゲストへ、感謝の気持ちを述べましょう。
出だしは「本日は私たちふたりのために」という言葉が汎用性が高くておすすめです。
臨機応変にその後の言葉を変えていけます。
雨の日は「お足元が悪い中」、遠方からのゲストが多い場合は「遠方からのご出席」など、その日の状況に合わせた言葉を選んでいきましょう。

・謝辞の真ん中
具体的なエピソードやご両親への感謝、入籍について触れるなど、に話せる部分です。
お二人のエピソードを入れる場合は新婦さんの手紙と合わせた内容にすると統一感が出るのでおすすめです。
ご両親への感謝を伝える場合は、二人のご両親に向けて感謝の言葉を伝えると良いでしょう。

・結び
最後は結びの言葉。
新しいステージへの旅立ちに向けた想いや、これから始まる新しい生活への目標や抱負を伝えます。
そして最後に改めて、親や家族、ゲストへの感謝の言葉を伝えて締めくくりましょう。

友人や親戚が多い結婚式であれば多少カジュアルな言葉遣いでも大丈夫ですが、仕事の関係者などが多い場合はフォーマルな言葉遣いでまとめるようにしましょう。
時間は長すぎるとくどくなってしまうため、2〜3分にまとめるのがベストです。
文字に書き起こすと1000字程度となります。

内容が固まったらスピーチの練習です。
本番までにできるだけ流暢に話せるよう、家などで声に出して練習しておきましょう。
大勢のゲストの前、緊張して言葉が詰まることがあるかもしれません。
その時は焦らず、ゆっくり深呼吸をして、気持ちを落ちつけてみてください。
ゆっくり一言一言に気持ちを込めたスピーチは、ゲストの心に響き、とても素敵に映るはずです。

聖ヨゼフ館ではいつでもご相談を受け付けております。
スピーチのご相談はもちろん、その他のサポートもお任せください!

名古屋結婚式場 カトリック布池教会聖ヨゼフ館
愛知県名古屋市東区葵1丁目12−23
電話:052−935−7790
フェア予約・クチコミはこちら