「サムシングフォー」をみなさん知っていますか?
ヨーロッパに古くから伝わるおまじないで、イギリスの童謡マザーグースなどによって語り継がれてきました。
おまじないの効果は、生涯に渡る幸せです。

今回は、そんなすてきなおまじないであるサムシングフォーについてご紹介します!
結婚式への取り入れ方もまとめたのでぜひ参考にされてみてください。

■サムシングフォーってなに?
サムシングとは、英語で「なにか」という意味。
サムシングフォーで「4つのなにか」という意味になります。
この「4つのなにか」とは、「something old=なにか古いもの」「something new=なにか新しいもの」「something borrowed=なにか借りたもの」「something blue=なにか青いもの」の4つのことです。
そして、これらのサムシングを花嫁が身につけると生涯幸福な結婚生活が送られる、というのがサムシングフォーのおまじないなのです。
それぞれのサムシングには意味があります。
something oldは「祖先から伝わる伝統や豊かさを引き継ぐ」という意味、
something newは「新しい人生の第一歩として、未来へ踏み出す」という意味、
something borrowedは「幸せな結婚生活を送っている人からのお裾分け」という意味です。
最後のsomething blueだけは少し意味合いが変わっていて、「花嫁の純潔や清らかさ」を象徴しています。

このように、サムシングフォーにはそれぞれ意味があるので、準備はその意味になぞっておこないます。
サムシングオルドはお母様やおばあさまから譲り受けたもの、サムシングニューは結婚式に向けて新調したもの、サムシングボロウはすでに結婚している友人から借りたもの、サムシングブルーは身につけられる青いものを準備するのです。

■どうやって結婚式に取り入れるの?
取り入れるものは好きなものでかまいません。
それぞれの傾向を見ていくと、サムシングオルドは譲り受けたアクセサリー、サムシングニューはドレスに合わせた手袋やヘアドレス、サムシングボロウもドレスに合わせた小物類が定番です。
めずらしいものもあり、おばあさまからいただいた着物をヘアドレスにリメイクするというものもありました。
この3つのサムシングはそれぞれに合わせてリメイクもできるものの、基本的にもらったり借りたりしたそのままの形になります。

アレンジの幅が広いのはサムシングブルーです。
ハンカチの刺繍や髪留めにさりげなく取り入れるもよし、ブーケやアクセサリーに取り入れるのもすてきです。
そして、サムシングブルーは身につける以外にも会場のコーディネートとしても使われます。
クロスや装花、ペーパーアイテムに空間を引き締めてくれる青を取り入れれば、涼やかな印象の大人なコーディネートが可能です。
ピンクや赤を使った華やかなコーデの場合は、青系の細いリボンをナプキンなどにさりげなく使うとアクセントが出て空間にメリハリがでます。

どうでしたか?
サムシングフォーには家族や友人からの想いが込められています。
新しい未来へと歩みだすあなたのお守りになってくれることでしょう。
会場のコーディネートに関してはいつでもご相談を受け付けております。
お二人らしさを出しつつ、一緒にすてきな会場を作り上げていきましょう!

名古屋結婚式場 カトリック布池教会聖ヨゼフ館
愛知県名古屋市東区葵1丁目12−23
電話:052−935−7790
フェア予約・クチコミはこちら