What's new!

夏秋楽しめる自然でリフレッシュスポット!

夏でも秋でも自然豊かな景色が堪能できるリフレッシュにおすすめのスポットをご紹介いたします☺︎

コロナウイルスの感染拡大やその防止目的の為、開園やイベント実施について等の情報については
 変更となる場合がございます。


小石川後楽園
 

東京ドームに隣接し、その1.5倍の面積を有する回遊式築山泉水庭園です。起状ある地形を利用して造られた園内は、琵琶湖を模した「大泉水」の「海」を中心に、「山」「川」「田園」の変化に富む風景と、日本と中国の景勝地になぞらえた景観が展開していきます。昭和27年に文化財保護法によって特別史跡及び特別名勝に指定されました。深い緑の木々の中にある、朱色が目立つ「通天橋」や水面に映る形が満月のように見える事から名づけられた「円月橋」などその他にもたくさんの魅力が溢れています。四季折々の自然を感じに訪れてみてはいかがでしょうか^^

場所:〒112-0004 東京都文京区後楽一丁目6-6

時間:9:00〜17:00 
   入園は16:30まで

料金:一般300円 65歳以上150円
   小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
   無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

アクセス:●都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」C3出口より徒歩3分
     ●JR総武線「飯田橋駅」東口より徒歩8分
     ●JR総武線「水道橋駅」西口より徒歩8分
     ●東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋駅」A1・A3出口より徒歩8分
     ●東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」1番より徒歩8分

詳しくはこちら




清澄庭園
 

1924(大正13)年、岩崎家から東京市に寄付され整備、開園された明治を代表する回遊式林泉庭園。東京都の名勝に指定されています。泉水、築山、枯山水が主体の清澄庭園でのおすすめの涼は、池の上に置かれた飛石を歩いて渡る“磯渡り”です。また実際の滝はないものの、園内最大の築山「富士山」の麓に、全国の銘石で組まれた枯滝は大泉水に注ぐ趣向となっています。関東大震災で大きな被害を受けましたが、この時図らずも災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救ったと言われています。様々な種類の野鳥が生息し、季節の花々やマツが池の周囲を覆っています。自然溢れる庭園でのんびり耳を澄ましながらのリフレッシュにおすすめです♪

場所:〒135-0024 東京都江東区清澄3-3-9

時間:9:00〜17:00 
   入園は16:30まで
   イベント開催期間及びGWなどで時間延長が行われる場合もあります。

料金:一般150円 65歳以上70円
   小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
   無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

アクセス:●都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白川駅」より徒歩3分

詳しくはこちら




御岳渓谷
 

JR御嶽駅を中心に、多摩川の両岸約4kmにわたり整備されている遊歩道があります。この遊歩道を通って玉堂美術館、櫛かんざし美術館、澤乃井 小澤酒造をめぐることができ、日本名水百選にも選ばれている人気スポットとなっています。御岳渓谷付近では、御岳山や高水三山という山があり、それぞれハイキング楽しめるスポットとしても有名です。それぞれの自然に溢れ、四季折々の景色を楽しむことも出来ます。ぜひ気分転換に綺麗な空気を吸いに行ってみませんか?

場所:〒198-0174  東京都青梅市御岳

アクセス:●JR青海線「御嶽駅」より徒歩約1分

駐車場:●御岳苑地駐車場(53台/有料) 
     入庫から30分以内は無料
    ●御岳交流センター駐車場(16台/有料)7:00〜19:00まで
     12月〜2月は17時まで
    ●寒山寺駐車場(50台/無料)

御岳山


古くから霊峰と崇められた信仰の山・御岳山。大小さまざまな奇岩があり、苔むした岩の間を清流が織りなすロックガーデンは大きな魅力の1つです。休憩所やトイレも設置されているので安心です。

アクセス:●JR青梅線御嶽駅よりバスで約10分(終点「ケーブル下」下車)
      滝本駅よりケーブルカーで約6分

高水三山
JR軍畑駅〜御嶽駅の北側にある、高水山(標高759m)、岩茸石山(標高793m)、惣岳山(標高756m)の3つの山のことを指します。登山道が整備されていることから、戦前から身近なハイキングコースとして人気があるスポットになっています。

アクセス:●JR「軍畑駅」より徒歩約10分

詳しくはこちら
  御岳渓谷遊歩道 https://www.omekanko.gr.jp/spot/80401/ 
  高水三山    https://www.omekanko.gr.jp/spot/80501/




国立科学博物館付属自然教育園
 

自然教育園は、大都市「東京」の中心部にあって今なお豊かな自然が残る、都会の中のオアシスともいえる貴重な森林緑地です。自然を活かした植物園が整備されており、四季にわたって様々な草花や、昆虫などの生きものを身近に観察できます。昭和24年文部省の所管となり、「天然記念物及び史跡」に指定され、国立自然教育園として広く一般に公開されました。その後、昭和37年に国立科学博物館附属自然教育園となり、多くの皆様に親しまれています。四季折々に変化する生物の姿や風景を堪能してみませんか?

場所:〒108-0071 東京都港区白金台5-21-5

時間:9月1日〜4月30日 9:00〜16:30
   5月1日〜8月31日 9:00〜17:00
   入園は16:00まで
   休園日:毎週月曜日(祝日・休日の場合は開園し、火曜日が休園)
       祝日の翌日(ただし、土・日の場合は開園)
       年末年始(12月28日〜1月4日)

料金:一般・大学生 320円 
   高校生(高校専門学生含む)以下、65歳以上の方 無料

アクセス:●JR山手線「目黒駅」東口より徒歩9分
     ●東急目黒線「目黒駅」より徒歩7分
     ●東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」1番出口より徒歩7分

詳しくはこちら




等々力渓谷公園


等々力渓谷の入り口にある橋は「ゴルフ橋」と呼ばれており、たもとから降りると渓谷が広がっています。多摩川に向かう谷沢川の流れに沿って散歩路を進むと、季節ごとに変わっていくすがすがしい新緑が気分をリフレッシュさせてくれます。谷沢川の下流部、等々力不動尊の対岸には、昭和36年に建築された書院とそれをとりまく日本庭園があります。
著名な造園家により作庭された池や流れ・石畳の階段園路などは当時のそのままの姿で保存されています。その他にも魅力溢れる自然のスポットなっておりますので、気分転換にぜひ行ってみてください♪

場所:〒158-0082 東京都世田谷区等々力1丁目22番

時間:日本庭園区域 9:00〜17:00(3月〜10月) 
          9:00〜16:30(11月〜2月)

アクセス:●東急大井町線「等々力駅」より徒歩3分
     ●東急バス、都営バス「等々力」より徒歩5分

詳しくはこちら




旧古河庭園

©公益財団法人東京都公園協会

武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例となっています。平成18年1月26日に文化財保護法により国の名勝指定を受けました。秋に綺麗なバラが咲き誇り、木々の紅葉でさらに魅了されます。


場所:〒114-0024 東京都北区西ヶ原1丁目27-39  

時間:9:00〜17:00
   入園は16:30まで
   開園時間延長やその他詳細等はお知らせやイベント情報のページをご確認ください。

料金:一般 150円 / 65歳以上 70円
   小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
   洋館は別途入館料がかかります。
   無料入園日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

アクセス:●JR京浜東北線「上中里駅」より徒歩7分
     ●東京メトロ南北線「西ヶ原駅」より徒歩7分
     ●JR山手線「駒込駅」より徒歩12分
     ●都電荒川線「飛鳥山駅」より徒歩18分

詳しくはこちら




浜離宮恩賜庭園

©公益財団法人東京都公園協会

潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園です。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。
旧芝離宮恩賜庭園や清澄庭園なども昔は潮入の池でしたが、現在実際に海水が出入りしているのは、ここだけとのこと!関東大震災や戦災によって、御茶屋など貴重な建造物が焼失したり樹木が損傷し、往時の面影はなくなりましたが、昭和20年(1945年)11月3日に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年(1946年)4月有料公開されるに至りました。周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定されています。

場所:〒104-0046  東京都中央区浜離宮庭園1-1  

時間:9:00〜17:00
   入園は16:30まで

料金:一般 300円 / 65歳以上 150円
   小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
   小学生以下のお子様は保護者のお付添が必要です。
   無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

アクセス:〈大手門口〉
     ●都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」「汐留駅」より徒歩7分
     ●JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋駅」より徒歩12分
     〈中の御門口〉
     ●都営地下鉄大江戸線「汐留駅」10出口より徒歩5分
     ●JR「浜松町駅」より徒歩15分

詳しくはこちら




旧芝離宮恩賜庭園

©公益財団法人東京都公園協会

小石川後楽園と共に、今東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。江戸時代の大名・大久保忠朝屋(ただとも)敷内の庭園から始まり、作庭当時は海岸に面していました。その後、離宮を経て大正13年(1924年)に旧芝離宮恩賜庭園として一般公開しました。昭和54年6月に、文化財保護法による国の「名勝」に指定されています。四季折々の自然を楽しむことができますが、彼岸花や秋にはハゼの木が色づき綺麗な紅葉もみることができます。

場所:〒105-0022 東京都港区海岸一丁目4-1

時間:9:00〜17:00
   入園は16:30まで
   休園日:年末年始(12月29日〜翌年1月1日まで)

料金:一般 150円 / 65歳以上 70円
   小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
   無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

アクセス:●JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」北口より徒歩1分
     ●都営浅草線・大江戸線「大門駅」B2出口より徒歩3分

詳しくはこちら


更新日 2020.8.8
宿泊予約